ホーム  >  衣裳  >  ウェディングドレス

ウェディングドレス

ウェディングドレス(ホワイトドレス)は120着以上ございます

C846

「ミカドサテン」をたっぷりと使用したビックプリンセスラインのウェディング。リボン型のロールカラーはデコルテラインを華奢に美しく、気になる二の腕ラインも綺麗に魅せてくれます。バックスタイルはビックリボン、くるみボタン、ロングトレーンを配し花嫁の王道要素をふんだんに取り入れ、クラシカルな中に可愛らしさもプラスした一着です。


C841

フレアーたっぷりのAラインドレスに、立体的な小花模様の「スパンコールチュールレース」を配したウェディングドレス。セットの半袖「ボレロ」も着用すれば、可愛らしく清楚な印象の一着です。


C833

総ラッセルレースで仕上げた、フレアーAラインのウェディング。レースに施したクリアな刺繍がより一層華やかさを出します。低めのオフショルダーラインはデコルテをすっきり見せ、気になる二の腕もカバーします。


C829

タックデザインの美しい広がりとバックのボリューミーなバッスルラインがこだわりのシルエット。コードレースとラメ糸を織り交ぜたレース使いが高級感をプラスします。トップは胸元の透け感が女性らしい流行のオフショルダーです。


C824

ハイウエストの切替に存在感のあるビーズモチーフを付けたオーバースカートスタイルのAラインドレス。ボーダー柄レースにサテンの刺繍モチーフもあしらったエレガントな一着です。お袖を取り外し、すっきりとした印象も叶います。


C816

大きくシルエットが変わる2WAYドレス。チュールのオーバースカートが脱着可能。フワフワと可愛らしいボリュームドレスから、ラインの美しいシンプルなフィット&フレアで大人っぽく変身。お好みの雰囲気に合わせてお使いいただけます。


C814

曲線美が際立つシンプルなマーメイドドレス。女性らしいしなやかなラインが美しく出るよう「くびれ」にこだわり仕上げました。繊細なカットレースと上品に輝くビーディング加工が高貴な雰囲気を醸し出す、大人花嫁のドレスです。


C804

艶感あるクリスタルシャンブレーサテンで作り上げたドレープが美しい一着。身頃はすっきりとしたラインにビーズリバーレースを贅沢に施し、スカートはタッキングで個性を出した高級感溢れるドレスです。


C802

フリルのお花をアクセントにしたスカートと、デコルテを綺麗に魅せてくれるオフショルダーが清楚でスイートな印象のドレス。トレーンの長さはワンタッチで変えられるので、挙式とパーティーで使い分け出来るのも嬉しいポイント。


C786

Aラインとしてはゴージャスな、スカートにラメ入りのモールレースをふんだんに使用したオーセンティック(正統な)マリエ。2段、3段と重なるチュールにも贅沢にラメ加工を施し、よりシャイニー感をアップ。花嫁の魅力を一層惹きたてます。


オルビタ


『星の軌跡・軌道』という意味を持つドレス。凛とした女性らしい雰囲気漂うエンパイアスタイルで気品と華やかさを備えたデザインです。

ハイウェスト部分に施された装飾は貝細工のビーズを使用し、一点一点丁寧な手作業で作られソフトチュールのシンプルなドレスに豪華さを添えています。特別な日に星のように輝ける一着です。


ルーマニア


流行のワッシャー加工を施したソフトチュールを贅沢に使用し胸元は女性らしさを表現したなだらかなハートシェイプカット。ふちにレースをあしらい、ビーズのきらめきを散りばめたトップス。バックとレーンはチュールのバッスルタイプで可愛らしさをアピールしたフェミニンスレンダー。


ソル


何種類ものレースやビーズ、スパンコールが太陽のようなモチーフで創られています。一着一着手仕事で創られるビージングは繊細でゴージャス。流行のエンパイヤラインでありながら、クラシカルで正統派の印象も与えてくれる、エレガントなドレスです。


シンボロ


スペイン語で”シンボロ” 象徴という名前のドレス。美の象徴をイメージした可憐な総レースのドレスです。足長に見えるハイウエストの切り替えがスタイルをよく見せてくれ、肩や腰についているフリルレースが立体的なアクセントを与えてくれます。


C2025


スッキリとした上半身に施された立体的で繊細な刺繍とローウエストのボリュームあるチュールレースがウエストラインを美しく見せてくれる、存在感のあるインポートドレスです。



▲ページ上部へ